月に1回確実に|ハートガードプラスがフィラリア予防薬で選ばれる理由

ハートガードプラスがフィラリア予防薬で選ばれる理由

月に1回確実に

中身が出ている薬

ハートガードプラスなどのフィラリア予防薬はとても高い効果を発揮します。そのため、フィラリア症という恐ろしい病気があっても、予防薬をしっかりと与えていれば感染する心配は不要です。

フィラリア症というのは、蚊を介して感染する病気です。すべての蚊に刺されると危ないというわけではなく、感染幼虫を持っている蚊に刺されることで感染します。そして、その幼虫が犬の体内で成長して心臓や肺に寄生します。そして、体内で成長し、多くの幼虫を産み付けます。こうしたことが繰り返されることで犬の体はどんどんと蝕んでいき、最終的には命を落としてしまいます。

とても恐ろしい病気ではありますが、ハートガードプラスを与えていれば心配不要です。
しかも、投与は毎日ではなく1ヶ月に1回です。毎回決まった日に与えることで、感染するリスクは大幅に軽減できます。
ただ、1ヶ月に1回ということで投与を忘れてしまうこともあるでしょう。しかし、フィラリアが体内に侵入してきたとしても2ヶ月以内であれば予防することができます。
フィラリアが体内に侵入してきても寄生するまでには時間がかかります。そのため、最悪飲み忘れたとしても2ヶ月以内であれば大丈夫です。
ただし、2ヶ月投与を忘れてしまった、フィラリアに感染していないか不安という場合には病院へ行って検査を受けるようにしましょう。

ハートガードプラスは月に1回だけ与える薬ですが、1年中与える必要はありません。というのも蚊は暖かい時期にしか活動しません。つまり、寒い時期は与えなくても感染しないのです。ただし、地域によって蚊の発生時期は異なりますので、病院に行っていつからハートガードプラスを投与すればよいか確認しておく必要があります。